小児医療

HOME > 小児医療 > 胃腸炎
胃腸炎

胃腸炎

開業して3週間が経過しました
胃腸炎のこども達が比較的多い印象だったので
胃腸炎について少し書かせていただきます

胃腸炎のほとんどはウイルス感染によるものです。
保育園で感染性のものかどうか
確認をしてくるように言われた
という親御様がいらっしゃいますが、
もちろん感染します

そして胃腸炎の原因ウイルスには
アルコール消毒が効きません(>_<)
感染性胃腸炎ウイルスと細菌

しっかり石鹸で手を洗い
環境の消毒には次亜塩素酸系のものを使用しましょう!

下痢のない子は嘔吐が続く傾向にある印象です
下痢止めはおすすめしません
(ガイドラインでも推奨されていません)

嘔吐は半日から1日程度で治まりますが
下痢症状は個人差があり2週間程度続く場合もあります
嘔吐がなければ
離乳食をやめてミルクのみにするという対応はしないでください!
むしろ下痢が長引きます
胃腸炎の一般的な経過

嘔吐のあるときは食事は控えて
水分摂取をすることで脱水の予防をしましょう!
脱水がひどいと点滴になり、入院する可能性もあります

水分の種類としては
経口補水液が良いでしょう
スポーツドリンクと間違えないようにしてください!
味噌汁の上澄みもよいでしょう(^^)
100%のリンゴジュースも
経口補水液と同等の効果があったそうです
スプーンで一口ずつ摂るようにしましょう!
経口補水の仕方

食事を開始する場合は
炭水化物(おかゆなど)から始めましょう

母乳をやめたり
ミルクを薄めたりする必要もありません
胃腸炎時の母乳ミルク食事について

以上、胃腸炎についてでした(^^)

クリニック外観

つむぎこどもクリニック

〒343-0828
埼玉県越谷市レイクタウン2丁目2-6
診療時間
午前 9:00~12:30
午後 14:00~18:00

※受付時間は診療終了の30分前までとなります。

▲:土曜日は12:00までとなります。

ページトップへ